モーターサイクルとサイクリングときどき山岳、MTB、スノースクート


by gogonamnam

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
サイクル・ツーリング(サイクリング!)
mountaineeringagogo
LANDING GEAR(モノ的なモノ)
モーターサイクル
○級グルメ?とか
うーんと。そのほか
未分類

以前の記事

2017年 11月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月

フォロー中のブログ

TOKITSU
30日間カレー生活ブログ。
カップ麺,かっぷめん,か...
山より道具
離乳食,粉ミルク,赤ちゃ...
アルコールストーブを創ろう
Beyond - ブログ...
えれぇこった、えれぇこっ...
ulgear Ad...
Hariyama Pro...
高機動装備   -H.M...
Sky High Mou...

外部リンク

最新のトラックバック

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

パニアケースとトランザルプ

16歳で免許を取得して、早27年。
一時期、仕事の都合で降りてはいましたが、モーターサイクルは僕の一番長い事続いている趣味なのです。

a0130641_1421453.jpg





a0130641_1431266.jpg


パニアケースってのがありましてね。いわゆるモーターサイクル用のカーゴトランクなんですが。
これがまた、昔は「ダサい」「スリ抜けできないじゃん」と思っていましたが。
僕も歳を取ったせいでしょうか。
「ヨーロッパのツアラーの必需品」みたいでカッコイイと思うようになりまして。
某オークションに出品されていたパニアケースにダメ元で入札してみたんですね。
そしたらば、落札できちゃった。

a0130641_1424194.jpg


その時に乗っていたのはホンダのNSR250R-SPっていうレーサーレプリカ。
セパハン、チャンバー、バックステップの「3種の神器」に加え。FRP外装、バブルスクリーン、ステアリングダンパー、ブレンボのブレーキシステムなどなどを装備した、いわゆる「峠仕様」だったので。
パニアも無理すれば装着できたかもしれませんが(←いや、多分無理)急遽買い替えを決意しました。

a0130641_1433238.jpg


そんな理由でトランザルプを購入。今ではツーリングの足として活躍してくれています。
ロングツーリング時には、落札したクラウザー社 K2サイドパニアに加えて、ヘプコ&ベッカー社のアルミエクスクルーシブ、トップケースも装着。
全容量で85リッターと、キャンプ道具を余裕で飲み込む積載性を備えます。
さらに、パッセンジャーシート上にも荷物を載せれますので、ちょっとしたオートキャンパー並みの装備を持って行くことも可能です。


パニアケースの良いところは

「荷物を積んでもスマートな外観」
「カギが掛かるので盗難の心配が無い」
「荷物が雨に濡れる心配が無い」

といった所でしょうか。


パッセンジャーシートにダッフルバックをバンジーコードでくくり付けた姿も、いかにも「旅バイク」って風情でカッコイイんですがね。
一度、パニアの恩恵にあずかると、もう手放せません。
なんでもかんでも、フタを開けてポイポイって荷物を放り込める気軽さ。
これこそがパニアケースの魅力だと思います。

日帰りツーリングでも、地図に雨具。温泉セット、お弁当、コッヘルとバーナーに水筒なんかを詰め込んで。
景色のいいところでお昼ゴハン。食後のコーヒーなんてのが気分です。
一升瓶の日本酒をおみやげに買っても、まだまだ余裕、余裕。

気になる運動性能ですが。さすがにフル積載にすると加重がリア寄りになるので、
普段よりも気持ちフロント加重を多めにする必要があります。
でもこれはパニアでなくても、荷物を積載すれば何でも同じ。
スリ抜けも(←ホントはダメよ)パニアの幅がハンドルバーより狭いので、これまた楽勝。背の低いクルマのバックミラーには気をつけますがね。

そんなクラウザーのK2パニアケースですが、とうとう絶版になってしまいました。
輸入元のモトコでは車種別アタッチメントの販売は継続してくれるようなので。
まだまだ、しばらくは中古で落札したパニアのお世話になりそうです。

a0130641_1435319.jpg


デリシャス!
[PR]
by gogonamnam | 2011-03-08 14:06 | モーターサイクル